兵庫県立美術館

1つ前のページに戻るプレスリリース
文字の大きさ
小中大
English
Korean
Chinese


 Menu
トップ
最新情報
 What's new
プレスリリース

 What's new
展覧会の開催や催しものの実施など来館者に向けた事業のほか、美術館はさまざまな活動をしています。
このページでは、そうした美術館のとても重要な活動の紹介や、文字どおり、新しいホットな話題を掲載します。
平成29年2月26日更新

 特別展「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」は好評のうちに終了いたしました!次回特別展「新宮 晋の宇宙船」は3月18日(土)より開催いたします。

○「新宮 晋の宇宙船」
 会期:2017年3月18日(土)〜5月7日(日)

三田市にアトリエを構える新宮晋(1937- )は、風や水など自然の力で動く作品で世界的に知られる彫刻家です。本展は、新作のモビール(動く彫刻)を中心に絵本の原画、屋外彫刻やプロジェクトの映像なども交え、新宮の世界を総合的に紹介します。

「新宮 晋の宇宙船」 ページへ
「新宮 晋の宇宙船」 最新情報ページへ

このページのトップへ

 H28年度 こどものイベント 神戸開港150年記念事業 みなと銀行ワークショップ こどものイベント「のりちゃん先生のフェルティング★フェスティバル」参加者大募集!

2017年3月25日(土)
10:30〜15:30
対象(小・中学生とその保護者)
※小学2年生以下のお子様には必ず保護者の同伴をお願いします。

定員30名・要事前申込み(2月25日(水)10時から電話受付開始)

★ふわふわのウールを使って、作品をつくってみよう!
  神戸の海にいる生き物や港の街の様子をイメージしてつくってね。
  最後は参加したみんなの作品を壁にとりつけてかざろう。

ぜひ、お友達とお誘い合わせの上ご参加ください。

くわしくはこちら(PDF)
このページのトップへ

 3月26日 安藤忠雄講演会のお知らせ

 当館を設計した世界的建築家・安藤忠雄氏による記念講演会を開催します。

日  時 3月26日(日)13:00〜14:00
場  所 兵庫県立美術館 ミュージアムホール
料  金 無料(要観覧券・事前申込・先着順・当館からの返信メール)
申込締切 3月12日(日)
 
詳細はこちら


このページのトップへ

 カナディアンアカデミーの皆さんと作品鑑賞や作品制作を一緒に楽しみましょう!

2017年4月5日(水)
10:00〜12:30
募集定員15名 参加無料
対象 新中学3年生〜高校生
兵庫県立美術館 展示会場、アトリエ2

★カナディアンアカデミーの美術講師の方にお越しいただいて、カナディアンアカデミーの生徒の皆さんと一緒に、すべて英語による作品鑑賞と作品制作を楽しみます。作品鑑賞では、「新宮 晋の宇宙船」展の会場で、作品を前にいろいろな感想を出し合い、作品への理解を深めます。ぜひ、英会話や美術に興味のある学生の皆様ご参加ください。

くわしくはこちら(PDF)
このページのトップへ

 平成28年度 第5回学校教員対象解説会 特別展「新宮 晋の宇宙船」を開催します

特別展「新宮 晋の宇宙船」の開催に合わせて、展覧会や美術館の学校向けプログラムを紹介し、展覧会をご覧いただく解説会+特別内覧会を実施します。
第一部では、当館の概要や教育普及プログラムの紹介を行った後、特別展「新宮 晋の宇宙船」について担当学芸員がわかりやすく解説します。
第二部では、立体・彫刻を中心に、対話型ギャラリートークのナビゲーター研修を行います。研修終了後は、参加教員による意見交換会を予定しております。
解説会終了後は特別展「新宮 晋の宇宙船」と常設展「県美プレミアムV」小企画:小企画 ハナヤ勘兵衛の時代デェ!、特集:彫刻大集合をご鑑賞いただきます。
参加費は無料です。是非ご参加ください。

日 時:平成29年3月18日(土)10:30〜12:00 (10:15〜受付)

※時間厳守でお越し下さい。遅れる場合は事前に連絡をお願いいたします。11:00に受付終了とさせていただきます。
※終了後、展覧会をご鑑賞いただきます。

場 所:兵庫県立美術館 レクチャールーム ほか
対 象:小・中・高・特別支援学校で図工・美術科及び社会科、校外学習をご担当されている教員の皆様
参加費:無料
申込み:定員100名(先着順)別紙FAX様式にてお願いします。
    定員を超えた場合のみ、3月16日(木)中にご連絡いたします。

締切日:3月16日(木)12:00

くわしくはこちら このページのトップへ

 兵庫県立美術館3月のイベントを掲載しています。

2月2日に記者発表を行いました。

くわしくはこちら(PDF)
このページのトップへ

 『芸術の館情報 HART』 88号を発行しました!

2月と3月の展覧会・こどもプログラム・コンサート・映画など様々な館内のイベント情報を紹介しています。
館内で配布しています。みなさまどうぞご覧ください。

『芸術の館情報 HART』88号
このページのトップへ

 兵庫県立美術館2月のイベントを掲載しています。

1月12日に記者発表を行いました。

くわしくはこちら(PDF)
このページのトップへ

 「注目作家紹介プログラム チャンネル7 橋耕平―街の仮縫い、個と歩み」記録冊子 好評配布中!

 先日終了した「橋耕平―街の仮縫い、個と歩み」(2016年10月15日〜11月20日)の記録冊子が完成いたしました。当館1階インフォメーションにてご希望の方に無料でお渡ししておりますので、ご来館の折にぜひお立ち寄りください。
 会期中にご予約くださった方には、年末ぎりぎりとなりましたが発送しておりますので、お手元への到着を楽しみにお待ちください。

※年末年始の開館スケジュールについてはこちら

 
A4変型26頁(カラー) + A3別刷4頁(モノクロ) 
2016年12月28日 1000部発行

このページのトップへ

 雑誌・「日経 大人のOFF」でヴェルフリ等、大プッシュ!!

現在販売中の日経・大人のOFF1月号は、「2017年 絶対に見逃せない展覧会」。美術ファンなら要チェックの特集ですが、ここでなんと、当館で来年開催予定の展覧会が3つも掲載されています!(「アドルフ・ヴェルフリ展」「『怖い絵」展」「大エルミタージュ美術館展」)特にヴェルフリは、「世界ビックリ画家選手権」コーナーで5位にランクインするなど、かなりクローズアップされています。この号は、別冊で2017年の必見美術展ハンドブック(保存版)もついていますので、ぜひご覧ください。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/off/

このページのトップへ
   
 来年(2017年)秋開催「大エルミタージュ美術館展」テーマソングは宇多田ヒカルさん!

少し先の話ですが、来年10月3日から当館で開催する「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」のテーマソングに、なんと宇多田ヒカルさんの楽曲が使われることとなりました。曲名は「人魚」。9月28日に発売され、オリコンチャート1位になったニューアルバム「ファントーム」収録曲です。同曲が挿入された美術展CM(30秒)もYouTubeで視聴可能ですので、ぜひご覧下さい。(なお、本展は2017年3月18日〜6月18日:森アーツセンターギャラリー、7月1日〜9月18日:愛知県立美術館、10月3日〜2018年1月14日:兵庫県立美術館で開催。このCMの情報は森アーツセンターギャラリーの開催情報のみのものです)

「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」CMはこちら

このページのトップへ

 松蔭女子学院とのキャンパスパートナー協定の締結

兵庫県立美術館と学校法人松蔭女子学院とは、芸術文化の振興や教育課程の充実など、相互の事業を通じた交流を図ることを目的とした協定を10月1日、締結しました。締結に当たっては、神戸松蔭女子学院大学の待田昌二学長と、当館の蓑豊館長が出席し、協定書に調印、今後の相互協力を約束しました。同学院は、小磯良平のゆかりの学校であり、当館所蔵の「斉唱」は同校の制服を参考に描かれた言われています。今年7月には、開催中の1945年±5年展にちなみ、同校コーラス部のコンサートも開催したところですが、今後も、互いに連携しながら若い世代の育成に努めていきたいと考えています。


このページのトップへ

 ウェブマガジン「関西アートビート」で当館コレクション等の紹介がありました

関西のアート動向を紹介するウェブマガジン「関西アートビート」で、美術ライターの黒木杏紀さんが当館の県美プレミアム展やコレクション等について、丁寧に紹介して下さっています。ぜひご覧下さい!

詳細はこちら

このページのトップへ

 兵庫県立美術館は、7月20日(水)に入館者1,000万人達成しました!

 平成14年4月に震災復興のシンボルとしてHAT神戸内にオープンした兵庫県立美術館は、平成28年7月20日(水)、開館以来の入館者が1,000万人を迎えました。記念すべき1,000万人目の入館者は西脇市在住の小野圭耶さん。開催中の藤田嗣治展を見に来られたそうです。くす玉を割った後、蓑豊館長から、小野さんへお祝いの言葉と記念品(藤田展グッズ)をお贈りしました。
 当館は、今後とも質の高い展覧会を開催し続けるとともに、様々な芸術を通じた 交流の拠点として、多くの県民の皆さんが一日を楽しんで過ごせるような美術館を 目指し、次の2,000万人に向けてスタッフ一同取り組んでいきます。これからもどう ぞよろしくお願いします。


このページのトップへ

 ミュージアムの見学がさらに楽しくなる、ミュージアム活用手帳「みゅーかつ帳」ができました

兵庫県立美術館をはじめとする県内の11の文化施設では、こどもたちにミュージアムをより楽しく活用してもらうことを目的に、連携した活動を行っています。これらの施設を訪れたときに使ってもらいたいのが、ミュージアム活用手帳「みゅーかつ帳」です。「みゅーかつ帳」とは、それぞれのミュージアムで気付いたことや気に入ったものを文字や絵で書き込めるノート形式の鑑賞補助教材です。「みゅーかつ帳」を手に入れて、ミュージアムへ行こう!

詳しくはこちら
「みゅーかつ帳」について(PDF)
「ミュージアムへの招待状」(PDF)
このページのトップへ

 「ミュージアムぐるっとパス・関西2016」好評発売中です!
関西地区の美術館・博物館など52施設(53館)に加えて、関西に隣接する7県30施設の無料入場券(20枚)や割引券(88枚)、関連割引飲食施設10店の紹介がつづられた、便利でお得な「ミュージアムぐるっとパス・関西2016」が販売中です!また、各施設のご紹介を兼ねた『ガイドブック』としての機能や参加施設の『展覧会年間全日程一覧』も全国で初めて一挙掲載しております。
「ぐるっとパス」1冊で、関西および関西隣接地区の歴史や文化から現代アートまで、ぐるっとお楽しみいただけます。兵庫県立美術館でも1階ミュージアムショップで販売しますので、どうぞご利用ください。

チラシはこちら(PDF)

ぐるっとパス公式HP
http://www.museum-cafe.com/gruttokansai
このページのトップへ

 「人と防災未来センター」・「横尾忠則現代美術館」と「兵庫県立美術館」とで相互割引を実施しています!

●「人と防災未来センター」との相互割引について

人と防災未来センターの総合案内で当館の当日チケット半券をご提示いただくと、団体料金でご入館いただけるとともに「人と防災未来センター」特製オリジナル・クリアフォルダーのプレゼントももらえます。
また、人と防災未来センター当日チケット半券で、当館の特別展や県美プレミアム展に団体料金でご入場いただけます。

みなさま、この機会にぜひ兵庫県立美術館と阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターへご来館ください。

(ご参考)○「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」公式ホームページ


●「横尾忠則現代美術館」との相互割引について

横尾忠則現代美術館と兵庫県立美術館の観覧料金の相互割引実施中です。ぜひご利用ください。

「横尾忠則現代美術館」の企画展のチケット半券ご提示で、当館の特別展又は県美プレミアム展を団体割引料金でご覧いただけます。(特別展と県美プレミアム展をセット観覧の場合は、当該セット料金を割り引きます)

また、当館の特別展又は県美プレミアム展のチケット半券ご提示で、横尾忠則現代美術館の企画展を団体割引料金でご覧いただけます。
お得な割引で、ぜひ両館の展覧会をお楽しみください!

(注)・半券1枚につきお一人様1回限りのご利用とさせていただきます。

(ご参考)○「横尾忠則現代美術館」公式ホームページ

このページのトップへ

 「神戸ビエンナーレ2011 招待作家展 REFLEXIONEN ひかり いろ かたち」図録 好評販売中!
「神戸ビエンナーレ2011 招待作家展 REFLEXIONEN ひかり いろ かたち」図録を当館1階ミュージアムショップにて販売しております。また、当館ホームページで通信販売も行っております。
発行部数は500部。みなさま、お早めにお買い求めください!
図録申し込みページへ
このページのトップへ

 コンサートのご案内〜美術館の調べ〜無料です♪
週末にコンサートを行っています。
気軽に立ち止まってお楽しみください。

 ミュージアム・ボランティアが展覧会のご説明、ご案内をしています。
みなさまどうぞ、ご参加ください。

このページのトップへ

特別展の図録が購入できます。

購入をご希望の方は、以下の各特別展のボタンをクリックして図録の申し込みページをご覧下さい。

『生誕180年記念 富岡鉄斎―近代への架け橋―展』展 図録申し込みページへ
『パウル・クレー だれにも ないしょ。』展 図録申し込みページへ
『東京・ソウル・台北・長春 官展にみる近代美術』展 図録申し込みページへ
『フルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション』展 図録申し込みページへ
『現代絵画のいま』展 図録申し込みページへ
『神戸ビエンナーレ2013 横尾忠則 感応する風景』展 図録申し込みページへ


   その他の過去の図録はこちら


1つ前のページに戻る
このページのトップへ
リンク サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用にあたって
(c) Hyogo Prefectural Museum of Art
兵庫県立美術館