兵庫県立美術館

1つ前のページに戻るプレスリリース
文字の大きさ
小中大
English
Korean
Chinese


 Menu
トップ
友の会
 会員特典
イベント
会報誌
会員募集
法人会員
お問い合わせ

 兵庫県立美術館「芸術の館友の会」のご案内

イベント



国内美術鑑賞旅行や日帰りバス旅行、ワークショップ、講演会などの友の会イベントに参加することができます。
また、美術館が開催する講演会では、友の会優先席を設けております。

●保存修復室ツアー2018「保存修復の現場をのぞく」
2019年1月26日(土)14:00〜16:00/当館保存修復室にて

 事務局職員も楽しみにしている保存修復部門をのぞくツアー。好評につき、今年も開催いたします。保存修復部門では、当館での展覧会、他館への貸し出しに伴う膨大な量の作品のメンテナンスだけではなく、美術館の環境を整えるための調査や取組みを日頃から行っています。作品に最も近い場所、保存修復室で活動の一端をのぞくこの機会に、是非ご参加ください。

講  師:保存修復グループ学芸員 相澤邦彦、横田直子
定  員:25名(応募多数の場合は抽選)
参 加 費:無料
申込方法:氏名・会員種類/会員番号・「保存修復室ツアー」へ参加希望の旨をFAXまたはメールでお知らせいただくか、館内友の会カウンターまで。
申 込 先:兵庫県立美術館「芸術の館友の会」事務局
      FAX/078-262-0903 E-mail/tomonokai@artm.pref.hyogo.jp
受付締切:1月12日(土)必着

※バックヤード内の保存修復エリア(油彩作品・紙作品の修復室)をめぐるツアーとなり、移動があります。


友の会優先席などのご案内

〜県美プレミアムV 特集&小企画 関連イベント・講演会〜
○「類は友を呼ぶ」/「今村源 自作を語る」

2019年1月20日(日)14:00〜15:30/レクチャールーム(当館1F)にて

 今年、今村源(いまむらはじめ)(1957年大阪生まれ)さんの《レイゾウコとヤカン》(2015年作)を収蔵しました。この彫刻を11月17日からの県美プレミアムVでお披露目します。題名どおり、本物の日用品2つに手を加えた本作は、軽やかで、洒落ていて、しかも、不思議な世界に開かれています。展示にあわせて、作家本人が自作について語る講演会を開催します。

講  師:今村源(彫刻家)
募集座席:5席(応募多数の場合は抽選)
受付締切:2019年1月11日(金)必着

○「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」/
「19世紀フランス挿絵本の世界─グランヴィル、ガヴァルニ、ドーミエを中心に─」

2019年2月9日(土)14:30〜16:00/レクチャールーム(当館1F)にて

 「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」の開催を記念し、講演会を実施します。講師は、バルザックなど近代フランス文学研究の第一人者の柏木隆雄先生。挿絵本の世界にも造詣の深い先生のお話は、グランヴィルはじめ個性豊かな作家たちが紡ぎ出す豊穣な世界に触れる貴重な機会となるはずです。是非ご聴講ください。

講  師:柏木隆雄氏(大阪大学名誉教授、大手前大学前学長、日本フランス語フランス文学会前会長)
募集座席:15席(応募多数の場合は抽選)
受付締切:2019年1月23日(水)必着


申込方法:氏名・会員種類/会員番号・参加希望の講演会名をFAXまたはメールでお知らせいただくか、館内友の会カウンターまで。
申 込 先:兵庫県立美術館「芸術の館友の会」事務局
      FAX/078-262-0903 E-mail/tomonokai@artm.pref.hyogo.jp

※優先席とは…聴講は当日先着順のところ、会員専用に聞きやすい座席を確保します(お席はこちらで指定します)。なお、優先席を利用されない場合、他のお客さまと同じく先着順のご入場にて聴講いただけます(観覧券として、会員証のご提示が必要です)。


○〈予告〉「Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」関連事業
映画上映会のご案内


 展覧会の内容とふかく関わる3本の映画の上映会を実施します。通常1,000円の観覧料を会員の皆様は500円に割引!ぜひ大画面で各作品をご覧ください。
(1)山本嘉次郎監督『ハワイ・マレー沖海戦』(1942年):撮影に使用された特撮セットを藤田嗣治が見学している事実は本展において重要な挿話をなします。
(2)瀬尾光世監督『桃太郎 海の神兵』(1945年):日本アニメ史に重要な位置を占める作品。展覧会でご紹介する同じ瀬尾監督の『のらくろ』とあわせてご覧ください。
(3)本多猪四郎監督『ゴジラ』(1954年):特撮怪獣映画の金字塔ですが、注目したいのは戦後初めて登場した「女性国会議員」や長崎から東京に逃れてきた女性、隅田川沿岸に現れたゴジラを見つめる人々といった「ピーポー」の姿です。
(1)と(2)は戦時下の国策映画ですが、日本の映画史にとって重要な作品であることから上映をおこないます。この催しが時代と表現とのかかわりについて冷静に見つめ、考える機会となることを願っています。(小林 公/当館学芸員)
※詳しくは美術館HPをご覧ください。

<「芸術の館友の会」アンケートにご協力ください>

 今年度も様々な事業を実施しました。会員の皆様を対象にアンケートを行います。こんなところに行ってみたい、こんなイベントがあれば参加してみたいなど、皆様のご意見・ご感想を2019年1月12日(土)までにお寄せください。ご回答いただいた方の中から、抽選で20名様に県美の展覧会ポスターなどをプレゼントします。皆様の回答を参考に今後の事業や運営を検討しますので、ご協力をお願い申し上げます。
☆アンケートの回答方法がより簡単・便利になりました☆
下記のリンクからアンケートフォームへ進み、ご回答ください。
https://goo.gl/forms/n9VRRsQzR77AWMcu1
※こちらは、兵庫県立美術館とは異なる外部サイトになります。






1つ前のページに戻る
このページのトップへ
リンク サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用にあたって
(c) Hyogo Prefectural Museum of Art
兵庫県立美術館