本日の開館時間は、10:00~20:00(入場は19:30まで)。コレクション展は展示替えのためご覧いただけません。

本日の開館時間は、10:00~20:00(入場は19:30まで)。コレクション展は展示替えのためご覧いただけません。

兵庫県立美術館 - HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART artm 芸術の館 神戸 

文字の大きさ

小磯良平記念室

日本を代表する洋画家のひとり、小磯良平(こいそ・りょうへい)は、明治36(1903)年に神戸に生まれました。東京美術学校を首席で卒業後、生涯の友となる詩人の竹中郁とともにヨーロッパに渡り、西洋絵画の薫陶を受けます。帰国後は清楚な女性像に代表される人物画を数多く手がけました。戦後は母校である東京藝術大学において後進の育成につとめ、また東京・赤坂の迎賓館のための壁画を制作するなど、この分野における多くの傑作を残し、昭和58(1983)年には文化勲章を受章します。昭和63(1988)年、神戸で亡くなりました。

小磯良平記念室には、当館が所蔵する約500点の小磯作品の中から代表作《斉唱》をはじめ約20点が常時展示されています。これらは当館が、開館以来収集してきた作品で、その多くはご遺族、収集家からの寄贈によるものです。落ち着いた雰囲気の展示室でゆっくりと小磯作品のもつ芸術性を感じとっていただきたいと思います。


斉唱

《斉唱》

1941年 油彩・布

第4回文部省美術展覧会(第4回新文展)に出品された、小磯の代表作です。このころ小磯は新制作派協会という新進気鋭の美術団体に所属し、人物画を中心に精力的に制作していました。しかし一方でその卓越した技術が買われ、軍部から従軍画家として招集され、中国大陸や現在のインドネシアなどに赴き、いわゆる「戦争記録画」を手がけていました。後年小磯はこのことを心苦しく思っていたようです。そうした画家の心情とあわせてこの作品を見てみると、太平洋戦争が勃発する直前という時代背景や、楽譜を手に持ち歌う素足の若き女性たちというモチーフ、白と黒を基調とした抑制された色彩とあいまって、見る人々にさまざまな感情を湧き起こさせてくれます。

【2021年コレクション展の会期】

小磯良平記念室はコレクション展会期中のみ開室します。ご了承ください。

コレクション展Ⅰ:
2021年2月13日(土)~7月4日(日)
なお、4月19日(月)から4月23日(金)まで、展示替えのため常設展示室は全室ご覧いただけません。
コレクション展Ⅱ:
7月17日(土)~12月26日(日)