兵庫県立美術館

1つ前のページに戻るプレスリリース
文字の大きさ
小中大
English
Korean
Chinese

Loading…

 Menu
トップ
展覧会
 年間スケジュール
過去の展覧会

 過去の展覧会

2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2002-2008展覧会はこちら






 チャンネル4 小林且典展
11月2日(土)〜12月1日(日)
会場:当館アトリエ1
旬の作家を紹介するシリーズ。今回は、瓶や壺、皿等身近な物が持つ親密で静謐な世界を彫刻や自作レンズによる写真で表現する小林且典(1961−)を紹介します。

「ブロンズによる静物のシリーズ」2010年(参考図版)



 神戸ビエンナーレ2013 『横尾忠則 感応する風景』展
10月1日(火)〜12月1日(日)
会場 当館ギャラリー棟3階
横尾忠則現代美術館と連携して、横尾忠則の「風景」に焦点を当てた展覧会を開催します。

《日南海岸T》1974年





 2013県展
7月27日(土)〜8月17日(土)
会場 原田の森ギャラリー 本館2階大展示室
兵庫県内で美術制作に励む方々の発表の場として続いてきた公募展です。会場は原田の森ギャラリーです。



 ベルサイユ宮殿のスーパーセレブ マリー・アントワネット物語展
7月6日(土)〜9月1日(日)
会場 当館ギャラリー棟3階
王妃が愛用した装飾品や名門貴族が受け継いできた家宝など約120点の展示を通じて、マリー・アントワネットの生涯をたどります。
《王妃マリー・アントワネット》
ヴィジェ・ルブラン ブルトゥイユ城
©La Vie de MARIE-ANTOINETTE 2012-13



特別展
 奇跡のクラーク・コレクション−ルノワールとフランス絵画の傑作−Great French Paintings from the Clark


 6月8日(土)〜9月1日(日)
アメリカ屈指の印象派コレクションを誇るクラーク美術館から、珠玉の19世紀フランス絵画の数々をご紹介します。クラーク夫妻が愛したルノワール22点をはじめ、モネやドガら印象派、コローやミレーらバルビゾン派、そしてアカデミスムの作品など、59点の日本初公開作品を含む全73点が、奇跡のように一堂に会します。


This exhibition was organized by the Sterling and Francine Clark Art Institute,
Williamstown,Massachusetts,USA.

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《鳥と少女(アルジェリアの民族衣装をつけたフルーリ嬢)》
1882年 クラーク美術館 Image@Sterling and Francine Clark Art Institute,Williamstown,Massachusetts,USA.


1つ前のページに戻る
このページのトップへ


リンク サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用にあたって
(c) Hyogo Prefectural Museum of Art
兵庫県立美術館