兵庫県立美術館 Close
金山平三記念室

 日本洋画界の巨匠、金山平三(かなやま・へいぞう)は、明治16(1883)年に神戸に生まれました。東京美術学校で黒田清輝の指導を受け、同校の卒業後ヨーロッパに渡り、印象派絵画などの影響のもと多くの作品を手がけます。帰国後は、高い技術に裏打ちされた密度の濃い絵画が高い評価を得ます。しかし昭和10(1935)年から翌年にかけて起こった美術界への政治の介入が転機となり、以後は中央画壇との一定の距離を保ち、昭和39(1964)年に亡くなるまで、日本の気候と風土に根ざした風景画を中心に、静物画や人物画など、数多くの作品を制作し続けました。

 金山平三の没後、遺族から多くの作品と資料類が兵庫県に寄贈されたことが一つの契機となって昭和45(1970)年、兵庫県立近代美術館(当館の前身)が開館しました。その後 《大石田の最上川》をはじめ、日本の風景を描いた作品を中心に約20点が常時展示されています。


《大石田の最上川》 1948年頃 油彩・布

 金山は大正12(1923)年、山形の大石田を初めて訪れました。以来、晩年にいたるまでほぼ毎年訪れ、この地を主題とした作品を数多く手がけました。そのうちの一点、最上川の眺めを描いたものです。凍てつく寒さ、透徹した冬の空気が感じられます。画面右に描かれた家と舟からは、雪国で生きる人びとの気配も見てとれます。広がる川面は丁寧に塗り重ねられ、色あいの微妙な変化によって、淡い反映が的確に表されています。


※金山平三記念室は県美プレミアム展会期中のみ開室します。ご了承ください。

2016年度県美プレミアム展の会期は以下のとおりです。

県美プレミアム1期 2016年3月19日(土)〜6月19日(日)
県美プレミアム2期 7月2日(土)〜11月6日(日)
県美プレミアム3期 11月19日(土)〜2017年3月19日(日)

(c) Hyogo Prefectural Museum of Art