常設展ホーム

吉屋 信子 よしや のぶこ 明治29〜昭和48(1896〜1973) 小説家   新潟県庁官舎生まれ  
| プロフィール | 兵庫県との関係 | 関連情報 | 略年譜 | 受賞歴 |
■プロフィール
兵庫県が舞台の作品に『ある女人像』『淡路島の歌碑』がある。
父・雄一、母・マサ(ともに両親は長州萩の藩士の出身)の男兄弟ばかりの中ひとり娘として明治29年(1896)1月に新潟県庁官舎で生まれた。当時父は新潟県警務課長をしていた。信子の上には4人の兄がおり、後、また弟2人が生まれた。女学校在学当時から「少女世界」や「少女界」などに投稿している。14歳の時、「少女界」の懸賞に応募した作品が1等に当選、賞金10円をもらった。信子は喜んだ。20歳の時、「少女画報」に『花物語』第1話「鈴蘭」を送ったところ採用され、7月号に掲載。当時の女学生からの大反響により、それからは少女画報社の依頼で次々と回を重る。23歳で大阪朝日新聞の長編懸賞小説の応募、一等をとり、新聞に掲載される。24歳で上京、27歳のとき門馬千代を知り、親しくなる。後に秘書や家事の仕事を手伝ってもらい、後年自分の籍に養子として入ってもらった。作品は、当時の男尊女卑の考えに対して、同じく不満を持った読者(大半が女性)に絶大な支持を受け、流行作家として活躍。
昭和27年(1952)短編『鬼火』により第4回女流文学者会賞受賞。昭和42年(1967)「半世紀にわたる読者と共に歩んだ衰えざる文学活動」をおこなったとして、菊池寛賞受賞。
伝記小説「『淡路島の歌碑』では、淡路島出身の歌人・川端千枝の劇的な生涯を描いている。

■逝去地
鎌倉

■兵庫県との関係
舞台  淡路島