J・J・グランヴィル(1803年-1847年、本名ジャン=イニャス=イシドール・ジェラール)は、19世紀前半のフランスで活躍した代表的な諷刺画家・挿絵画家です。動物と人間が変身・合体し、生物と無生物とが混交する幻想的作品は、20世紀のシュルレアリスム絵画を先駆するとさえ評されます。本展は、国内有数のグランヴィルのコレクターであるM氏が所蔵する書籍約20冊と、そこから分割したシート作品約200点などを一堂に展示し、近代美術史の中でも類まれなイマジネーションの持ち主であったグランヴィルの足跡をたどります。

小企画「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」の開催に合わせて、数量限定で制作しましたオリジナル・ポストカードを、当館1Fミュージアムショップで販売いたします!
1
諷刺画家グランヴィル登場

ナンシーに生まれたグランヴィルは、成人後パリに出てイラストレーターとして活動を始めます。リトグラフによる風刺画シリーズ『パリのブルジョワの日曜日』(1827年)で注目を集めた彼は、人物を動物に見立てたリトグラフ集『当世風変身譚』(1828-29年)でさらなる名声を得ます。その後、特に、編集者シャルル・フィリポンによる諷刺新聞『ラ・カリカチュール』に活躍の場を得て、政治や世相を揶揄する作品を次々と発表しました。


『パリのブルジョワの日曜日』(1827年)より
《朝7時 身支度》

『当世風変身譚』(1828-29年)より《散歩》

『ラ・カリカチュール』(1832年11月15日号)より《接見》
2
挿絵本での活躍

1835年の『ラ・カリカチュール』休刊以後は、『ラ・フォンテーヌの寓話』(1838年)、『動物たちの私的公的生活情景』(1842年)といった木口木版を主体とする挿絵本がグランヴィルの主な活動の舞台となりました。これらの作品は、『当世風変身譚』以来彼の得意技となっていた動物化された人間のイメージの発展型と見なすことができます。また、『もうひとつの世界』(1844年)では、人間と動物とのありとあらゆる合体や変形、さらには生物と非生物の混交にいたるまで、めくるめくイメージの奔流を見ることができます。

左:『動物の私的・公的生活情景』(1842年)より 《おやすみ、友たる読者よ。しっかり戸締りして良い夢を。また明日!》
右:『もうひとつの世界』(1844年)より《彗星の大旅行》
3
晩年、そして没後

晩年になると辛辣な諷刺性や奇抜なイメージはいくぶん後退し、『生きている花々』(1847年)や没後出版された『星々』(1849年)のように、美しい女性を花や星に見立てたロマンティックな世界を描くようになります。これは、1842年に亡くなった最初の妻アンリエットの面影を反映させたためとも言われます。一方、死後発表された《第一の夢:罪と贖罪》に描かれた夢想的なイメージの変容は、奇想の作家グランヴィルの絶筆にふさわしいものです。


『生きている花々』
(1867年/初版1847年) 
より《ヤグルマギクとヒナゲシ》

『星々』(1849年)より《流れ星》

『マガザン・ピトレスク』
(1847年)より
《第一の夢:罪と贖罪》
関連イベント
講演会
「19世紀フランス挿絵本の世界─グランヴィル、ガヴァルニ、ドーミエを中心に─(仮題)」
講師:柏木隆雄氏(大阪大学名誉教授、大手前大学前学長、日本フランス語フランス文学会前会長)
2019年2月9日(土)
14:30~16:00(開場14:00)
レクチャールーム
参加無料(先着100名・要観覧券)
学芸員による解説会
2018年11月24日(土)、2019年2月23日(土)
両日とも16:00~16:45
レクチャールーム
参加無料(先着100名・観覧券不要)
県美プレミアム 2018年11月17日(土) ー 2019年3月3日(日)
→ 同時開催 「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」 2018年10月27日[土]―12月24日[月・振休]
→ 同時開催 「注目作家紹介プログラム チャンネル9 和田淳「私の沼」」 2018年11月3日[土・祝]―12月2日[日]
→ 横尾忠則現代美術館での同時開催 「兵庫県政150周年記念事業 横尾忠則 在庫一掃大放出展」 2018年9月15日[土]―12月24日[月・振休]