兵庫県立美術館 開館20周年 関西の80年代 Kansai Contemporary Art of the 1980s 80年代は過去じゃない。今、振り返る関西ニューウェーブ 兵庫県立美術館 開館20周年 関西の80年代 Kansai Contemporary Art of the 1980s 80年代は過去じゃない。今、振り返る関西ニューウェーブ

兵庫県立美術館の開館20周年を記念し「関西の80年代」を開催します。
なぜ、いま80年代なのでしょうか?
当館の前身である兵庫県立近代美術館では、かつて「アート・ナウ」というシリーズ展を開催していました。その年、目覚ましい活躍をみせた作家を紹介し、関西アート・シーンのいまを伝えようとする名物展覧会でした。特に80年代にはまだ20代の作家が続々と参加し、競うように大作を発表する場となります。折しも関西では活きのいい若手が「関西ニューウェーブ」として注目を集めており、前例にとらわれない個性的な表現ゆえに、現代美術は「西高東低」とも言われました。
時代はバブル景気とポストモダン、何とも華やかで恵まれた状況にも思われますが、いまや国内外で活躍する作家たちも当時はまだ駆け出しです。70年代の禁欲的な傾向とは一転、心躍る色やイメージにあふれた作品群は、ニッポンの片隅で美術作家として何を作りどう生きていくのか、大いに悩みつつそれぞれのリアリティを掘り下げた成果であり、結果的に現代にまで引き継がれる数々の表現語彙を生み出しました。
現代アートの原点とも言える80年代、関西発の類を見ない作品群は、困難ないまをよりよく生きるヒントを与えてくれるに違いありません。

最新情報 最新情報へ 

開催情報
兵庫県立美術館 開館20周年
関西の80年代
Kansai Contemporary Art of the 1980s

会期

2022年6月18日[土]-8月21日[日]

休館日

月曜日
(ただし7月18日[月・祝]は開館、 19日[火]休館)

開館時間

午前10時-午後6時
入場は閉館30分前まで

会場

兵庫県立美術館 企画展示室
アクセス

主催 兵庫県立美術館、朝日新聞社
助成 芸術文化振興基金、公益財団法人ポーラ美術振興財団
協賛 公益財団法人伊藤文化財団
特別協力 公益財団法人日本教育公務員弘済会 兵庫支部

観覧料

  当日 前売 団体
一般 1,500円 1,300円 1,300円
大学生 1,100円 900円 900円
高校生以下 無料
70歳以上 750円 - 650円
障がいのある方 一般 350円 - 300円
障がいのある方 大学生 250円 - 200円
※前売券の販売は6月17日(金)まで(会期中は販売しません)。
※「プレミアム芸術デー」7月12日(火)~18日(月・祝)は無料(チケットをご提示いただいても払い戻しはいたしませんのでご注意ください)。
※団体割引の対象は20名以上です。団体鑑賞をご希望の場合は1ヶ月前までにご連絡ください。(078-262-1011)
※一般以外の料金でご利用される方は証明書を観覧当日ご提示ください。
※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料です。
※コレクション展は別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引があります)。
※予約制ではありません。混雑時は入場制限を行いますので、お待ちいただく場合がございます。

主なチケット販売場所

  • ローソンチケット(Lコード:52850)
  • チケットぴあ(Pコード:686-093)
  • セブンチケット
  • 楽天チケット
  • イープラス
  • CNプレイガイド ほか
関連イベント

京阪神ニューウェーブ鼎談

講師:山部泰司氏、福田新之助氏、杉山知子氏(出品作家)
日時:6月26日[日] 15:00-16:30 終了しました *開場は30分前から
会場:当館ミュージアムホール
定員:120名(先着順・要観覧券・芸術の館友の会会員優先席あり)

講演会「1980年代を語れるのか?」

講師:島敦彦氏(国立国際美術館館長)
日時:7月24日[日] 14:00-15:30 終了しました *開場は30分前から
会場:当館ミュージアムホール
定員:120名(先着順・要観覧券・芸術の館友の会会員優先席あり)

テーマ・レクチャー

①「アート・ナウと関西の80年代」7月9日[土] 終了しました
②「インスタレーションを展示する」8月6日[土]
江上ゆか(当館学芸員)
いずれも15:00-15:40 *開場は30分前から
会場:当館レクチャールーム
定員:50名(先着順)

こどものイベント

くわしくはこちら
図録販売
「関西の80年代」1,500円(税込)
会場風景を収録した展覧会図録の予約販売を行います。

予約はこちら

図録が完成次第の発送となります。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、予定を変更する場合があります。
兵庫県立美術館公式サイトで最新情報をご確認ください。感染症拡大防止対策を行っております。
入口での検温やマスク着用などへのご理解ご協力をお願いいたします。