最新情報

4月6日更新

特別展「没後130年 河鍋暁斎」開会式&内覧会を開催しました

 4月5日は、「暁斎展」開会式 でした。会場には、暁斎の曾孫である河鍋楠美・河鍋暁斎記念美術館館長のほか、井戸兵庫県知事、県教育委員の作家・玉岡かおるさんほか、多くの招待者で賑わいました。
 蓑豊・兵庫県立美術館長は、冒頭の挨拶で「暁斎は先に海外で評価された作家。私が初めて観たのは大英博物館だった。吃驚仰天の鬼才だが、国芳のもとで浮世絵を勉強し、また狩野派の勉強もし、今回の展示にもあるように膨大な下絵を経て本画を描くなど、非常に勉強家でもあった。」と紹介。また河鍋館長からは「暁斎は、楽しんで絵を描いていた。作品を観て、笑いたかったら、笑って欲しい。どうぞ楽しんで。」と鑑賞方法についてアドバイスも。
 本展は、紙の作品が多いため、展示期間に限りがあります。前期(120作品)は4月29日まで、後期(124点)は4月30日から5月19日まで。大幅に作品が入れ替わります。(全206作品のうち、通期展示は38点のみ。)あっという間に会期が終わってしまいますので、急いでお越しください!




3月13日更新

「没後130年 河鍋暁斎」展最新情報ページ立ち上げました!

これから展覧会に関する情報をどんどん発信していきますので、みなさまどうぞお楽しみに!

  • 2019年4月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        
  • 2019年3月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
4月6日更新
特別展「没後130年 河鍋暁斎」開会式&内覧会を開催しました
3月13日更新
「没後130年 河鍋暁斎」展最新情報ページ立ち上げました!