The Yamamura Collection: Gutai and the Japanese Avant-Garde 1950s ? 1980s COM京都大会開催記念 集めた!日本の前衛-山村德太郎の眼 山村コレクション展 会期 2019年8月3日(土)- 9月29日(日)
会期 2019年8月3日(土)- 9月29日(日)
最新情報
8月16日更新

コラムその2 動く山村さん!

山村德太郎という一人の人物がどのように作品を集め、前衛美術の一大コレクションを成していったのか、今回の展覧会がコレクション形成の過程をご紹介するものであるだけに、お客さまからは「山村さんって、どんな人だったの?」というご質問も。
 会場の資料コーナーには、展覧会企画者も今回初めて目にした「動く山村さん」の映像も展示されています。1985年4月20日に、当時は大阪・千里の万博公園内にあった国立国際美術館で開催された「山村コレクション一日研究会」の記録映像をご提供いただき、5分ほどのダイジェストにして上映しております。もちろん「研究会」当日の様子を知ることができるという点でも、たいへん貴重な映像です。上映スペースは展示後半の第Ⅲ章、ギャラリー会場の中ほどからいったん回廊に出てご覧いただくかたちとなっておりますので、どうぞお見逃しなく。

8月12日更新

「コラム」始まります。

「コラム」では、展覧会の見どころや裏話、出品作品にまつわるエピソードを掲載の予定です(不定期更新)。
 まずは、展示室で最初にみなさまをお迎えする津高和一の《母子像》をご紹介いたしましょう。山村德太郎が戦後美術の作品としては最初に入手した、つまり現在の山村コレクションの出発点とされる作品です。山村の回想によれば、同じ西宮市内の津高のアトリエを訪問し、直接作家から入手したそうです。津高は大阪の生まれですが、幼少時に西宮へ移り、長く同地を拠点に活動、1995年に阪神・淡路大震災のため亡くなっています。
 《母子像》は作者の津高にとっても、独自の詩的な抽象表現へと大きく一歩を踏み出した、記念碑的な意味を持つ一点です。淡い色の面で象られた小さな人の姿を、画面の端いっぱいまで伸びるゆるやかな線で引かれた大きな人物が包みこんでいます。実物をご覧になると、案外小さな作品であることに驚かれるかもしれません。逆に言えば、小さいけれども、ゆったりとした広がりを感じていただける作品ではないかと思います。

8月4日更新

山村コレクション展オリジナルポストカード

阪神電車7駅で販売中の 当日一般券には、オリジナルポストカードがついています。図案は、田中敦子の《作品》(1958年)。世界中で愛される、増殖するリズミカルな円のパターン。50年経た今も新鮮なこの作品のはがきをぜひ。
[販売場所]
梅田駅・甲子園駅・神戸三宮駅・岩屋駅・尼崎駅・御影駅・新開地駅
※駅員不在時を除く

8月3日更新

「山村コレクション展」開幕!開会式の様子はこちらから

8月2日、兵庫県立美術館で特別展「集めた!日本の前衛 山村德太郎の眼 山村コレクション展」の開会式を行いました。式典には、兵庫県知事はじめ、山村家関係者の皆様、そして出品アーティストなど、約160名が出席しました。蓑館長はスピーチにおいて、「山村德太郎氏は、昭和が生んだ巨人。未来を見据え、卓越したセンスで、これだけのスケールのコレクションを形成したのは驚きである。そして、本人の没後、多くの人の努力や勇気でそれを散逸させず、今、安藤忠雄氏が設計したこの大空間で一堂にお見せすることができた。その意義は大変大きい。世界中の人に見てもらいたいし、若い人には作品からのエネルギーで元気になってもらいたい」と述べました。
この展覧会は、企業家・山村德太郎氏が収集した戦後日本の現代美術約140点を展示しています。その内容は、抽象美術のパイオニアから、世界的にますます評価が高まる「具体」、そして1980年代のニューウェーブまで、今こそ新鮮な前衛美術の数々で構成されています。質・量とも圧倒的規模の展示です。ぜひ、みなさんの眼でお確かめ下さい。


7月25日更新

8月3日(土)は浴衣で無料!!

みなとこうべ海上花火大会-ゆかた姿でアートを楽しみませんか-

昨年度の様子です。
当館の3Fテラスや大階段からキレイにご覧いただけます。

8月3日(土)は、「みなとこうべ海上花火大会」が開催されます。そこで、8月3日(土)のみ、ゆかた姿でご来館の方を対象に、特別展「集めた!日本の前衛‐山村德太郎の眼 山村コレクション展」へ無料ご招待いたします。《足音が気になる下駄でも大丈夫!1階インフォメーションにサンダルをご用意しております。》
【海上花火大会の概要】
日  時:2019年8月3日(土) 19:30~20:30 雨天決行、荒天中止
打上場所:神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上)
特別展「集めた!日本の前衛‐山村德太郎の眼 山村コレクション展」をご鑑賞の後、素敵な花火大会をゆっくりとご覧ください!!

7月20日更新

「集めた!日本の前衛-山村德太郎の眼 山村コレクション展」最新情報ページを立ち上げました!

これから展覧会に関する情報をどんどん発信していきますので、みなさまどうぞお楽しみに!