Loading...
左:森田子龍《蒼》1954年 国立国際美術館 / 右:ピエール・スーラージュ《Brou de noix sur papier 63 x 50 cm, 1949》 スーラージュ美術館,©Adagp,Paris/Photo:museée Soulages,Rodez/Christian Bousquet
スーラージュと森田子龍 Pierre Soulages and Morita Shiryu 2024.3.16 Sat. - 5.19 Sun.

「フランス現代絵画の巨匠」と「兵庫県出身の世界的書家」の初めての二人展
約40年振りに日本の美術館でスーラージュの展覧会を開催!



フランスのアヴェロン県と兵庫県との20年をこえる友好提携を記念し、1950年代から直接交流のあった画家のピエール・スーラージュ(1919-2022/アヴェロン県出身)と書家の森田子龍(1912-1998/兵庫県出身)の展覧会を開催します。

国際交流は何をもたらし、文化的なアイデンティティはいかにして生まれるのでしょうか。スーラージュ美術館の全面的な協力により開催される本展では、二人の作品合わせて約50点に加え、書籍や日記などの資料を通して、芸術家の出会いを考えます。


森田子龍(左)とスーラージュ(中央)1963年、パリにて

戦後まもない時期、海外の抽象画と日本の前衛書は、国境やジャンルをこえて、同時代性を示していました。森田子龍が編集を行っていた『墨美』(1951年6月創刊)では、1950年代、欧米の抽象絵画を次々と紹介しています。

単色の力強い作品で知られるピエール・スーラージュとの関係も、『墨美』をきっかけに始まりました。『墨美』26号(1953年8月)には、本人から提供された作品写真10枚が掲載されています。

「スーラージュは『墨美』が非常に好きでよく見てくれているそうですが、
そんなことから今度アルコプレーを通じて送ってくれたのです」
(「書と抽象絵画・座談会」『墨美』26号より)
※アルコプレー:ドイツ系アメリカ人の画家

モノクロームの作品を描く画家たちを、森田は「白黒の仲間」と呼び、そのような仲間ができることは喜びであり、励みになったと述べています。1958年、初めて来日したスーラージュは、森田らと直接、意見を交わしました。1963年には、ヨーロッパを歴訪した森田が、パリでスーラージュ夫妻と再会しています。

戦後の抽象絵画を代表する画家のひとりである、「黒の画家」ピエール・スーラージュと、1952年に4名の同志とともに「墨人会」を結成し、新しい書のあり方を追い求めた森田子龍。二人は交流を通じ、互いの表現の共通点と相違点について考えを深めました。

ピエール・スーラージュ(Pierre Soulages)1919-2022
1919年、フランス南西部アヴェロン県ロデーズに生まれる。画業の最初期から晩年に至るまで、一貫して抽象を追究した。2014年、故郷ロデーズに、その名を冠した美術館が開館。生誕100年を記念し、2019年12月から2020年3月にかけて、パリのルーヴル美術館で個展が開催された(生前にルーヴルで個展が開かれたのは、ピカソ、シャガールに次いで3人目)。
森田子龍(もりた・しりゅう)1912-1998
1912年、兵庫県豊岡市に生まれる。世界的に知られる前衛書家として活躍。雑誌編集者としての側面もあり、師の上田桑鳩のもとで1939年頃から『書道芸術』の、戦後1948年からは『書の美』の編集に携わる。1951年『墨美』を創刊、1981年に301号で終刊するまで、「書芸術雑誌」として幅広い内容を取り上げた。
若い世代の方にも気軽にお越しいただけるよう、 大学生の観覧料を特別に 1,000 円 (前売り 800 円) に設定しました。
なお、高校生以下は「無料」です。ご家族やご友人と一緒にお越しください。
-
スーラージュと森田子龍
Pierre Soulages and Morita Shiryu

会期

2024年3月16日[土]-5月19日[日]

休館日

月曜日
※ただし4月29日[月・祝]、5月6日[月・振休]は開館、
4月30日[火]、5月7日[火]は休館

開館時間

午前10時-午後6時
入場は閉館30分前まで

会場

兵庫県立美術館 企画展示室
アクセス

主催 兵庫県立美術館、神戸新聞社
企画協力 スーラージュ美術館
協賛 公益財団法人伊藤文化財団
特別協力 公益財団法人日本教育公務員弘済会 兵庫支部
助成 笹川日仏財団、一般財団法人安藤忠雄文化財団

観覧料

※高校生以下は無料。
※若い世代の方にも気軽にお越しいただけるよう、大学生の観覧料を特別に1,000円(前売り800円)に設定しました。ご家族やご友人と一緒にお越しください。

  当日 団体
20人以上
前売
(3/15まで)
一般 1,600円 1,400円 1,400円
大学生 1,000円 800円 800円
高校生以下 無料 -
70歳以上 800円 700円 -
障害者手帳等お持ちの方
一般
400円 350円 -
障害者手帳等お持ちの方
大学生
250円 200円 -
※一般以外の料金には証明できるもののご提示が必要です。
※団体(20名以上)でご鑑賞いただく場合は事前のご連絡をお願いします。

主なチケット販売場所

    
関連イベント
1

記念講演会

出演: ブノワ・ドゥクロン氏(スーラージュ美術館 館長)
日時: 2024年3月16日[土]14:00-15:30(開場13:30-)
会場: ミュージアムホール
定員: 150名(先着順、要観覧券、芸術の館友の会会員優先座席あり)
2

座談会

出演: 稻田宗哉氏(書家)
聞き手: 鈴木慈子(当館学芸員)
日時: 2024年5月3日[金・祝]14:00-15:00(開場13:30-)
会場: レクチャールーム
定員: 60名(先着順、要観覧券、芸術の館友の会会員優先座席あり)
3

ゆっくり解説会 in Spring

展覧会の見どころを手話通訳および要約筆記付きで解説します
日時: 2024年4月28日[日]13:30-14:30
会場: レクチャールーム
定員: 60名(先着順)
4

学芸員による解説会

日時: 2024年4月6日[土]、5月4日[土・祝] いずれも15:00-15:45(開場14:30-)
会場: レクチャールーム
定員: 60名(先着順)
5

ミュージアム・ボランティアによる解説会

日時: 毎週日曜日11:00-(約15分)
会場: レクチャールーム
定員: 60名(先着順)