兵庫県立美術館

1つ前のページに戻るプレスリリース
文字の大きさ
小中大
English
Korean
Chinese


 Menu
トップ
ボランティア
 活動の案内

 ボランティア

兵庫県立美術館「芸術の館」では、現在246名のボランティアがメンバー登録をしエントランスホールの南西角にあるボランティアルームを拠点として日々活動を行っています。

主な活動は、《資料班》《解説班》《こども班》の三つの斑による展覧会の解説、美術関係資料の整理、子供の団体鑑賞時の誘導・案内、音楽会等のイベント時の会場設営、展覧会開催に関する補助作業、郵送物の発送作業等々で、館内で幅広く活動を行っています。美術館のさまざまな事業はボランティアの力に支えられているといっても過言ではありません。

また、『ミュージアム・ボランティアだより』という機関紙も三ヶ月に一度に発行、活動の報告や予定を掲載し、ボランティア同士、ボランティアと館職員との紙上交流の場にもなっています。


資料班
解説班
こども班
  
「美術資料室」の資料の収集・整理を主な活動としています。
資料班の活動の内容
   
館内の「県美プレミアム展」を解説することを主な活動としています。
解説班の活動の内容
県美プレミアム展ガイドツアースケジュール
   
「こどものイベント」の補助・手伝いが主な活動です。
こども班の活動について

その他のボランティア活動の内容についてはこちらをご覧ください。


ミュージアムボランティア募集のご案内
※平成29年度ミュージアムボランティアの募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


1つ前のページに戻る
このページのトップへ
リンク サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用にあたって
(c) Hyogo Prefectural Museum of Art
兵庫県立美術館