兵庫県民による美の祭典!2007県展

今年も、「県展」の季節がやってきました!

 兵庫県立美術館王子分館「原田の森ギャラリー」を会場にして、下記のとおり、「2007県展」を開催いたします。

 本展は、県下の芸術文化の振興を目的に、県内に生活し、創作活動に励んでおられる美術家の方々を対象にした公募展です。
1962(昭和37)年に始まり、今回で45回目を数える、歴史と伝統を持った展覧会です。
本展に入選された方のなかには、現在、第一線で活躍されている芸術家も多くいらっしゃいます。

 兵庫県の在住、在学、在勤する16歳以上の方ならどなたでも応募できます。
皆様の日頃の創作と研鑽の成果を世に問うまたとない機会です。ぜひこの機会にご応募ください!

展覧会に関すること
会期: 2007年8月11日(土)〜8月25日(土)
休館日: 毎週月曜日
開館時間: 10:00〜18:00(入場は17:30前まで)最終日の8月25日(土)は15:00で閉展
会場: 兵庫県立美術館王子分館「原田の森ギャラリー」(旧・県立近代美術館)
大展示室(神戸市灘区原田通3-8-30 TEL:078-801-1591)
最寄駅: JR「灘駅」北口から徒歩約10分
阪急「王子公園駅」西口から徒歩約6分
阪神「岩屋駅」から徒歩約20分
神戸市バス「王子動物園前」下車すぐ
主催: 兵庫県/兵庫県立美術館/神戸新聞社/(財)兵庫県芸術文化協会
観覧料: 一般600(400)円/大学・高校生400(300)円/中・小学生250(200)円
※( )内は20名以上の団体料金
※県内在住・在学の中・小学生は、ココロンカードの提示により無料
※障害者の方とその介護の方(1名)、及び県内在住の65歳以上の方は通常料金の半額
部門: 日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザインの7部門
入賞作品展: 今年、兵庫県立美術館ギャラリーで入賞作品を再展示します。
会期:2007年8月28日(火)〜9月2日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30前まで)最終日の9月2日(日)は15:00で閉展
会場:兵庫県立美術館ギャラリー(ギャラリー棟3F)TEL:078-262-0908
最寄駅:JR「灘駅」南口からへ南へ徒歩約10分
阪急「王子公園駅」西口から南西へ徒歩約20分
阪神「岩屋駅」から南へ徒歩約8分
阪神バス、神戸市バス「県立美術館前」下車すぐ
観覧料:無料

応募に関すること

※必ず事前に「出品規定」を入手してください。
「出品規定」にある注意事項等をよくお読みいただき、添付されている出品申込書等にご記入のうえ、受付時に作品とともにお持ちください。

「出品規定」配布先
兵庫県立美術館/兵庫県立美術館王子分館「原田の森ギャラリー」/各県民局/県民会館/神戸新聞支社・総局・販売店(支局にはありません)/県内主要画廊・画材店等

上記で入手できない方、確実にご入手されたい方は、
※80円切手を貼付したA4版の三つ折りが入る定形の返信用封筒を同封のうえ、封筒に「県展出品規定希望」と明記して下記までご請求ください。

〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1−1−1
兵庫県立美術館 県展係

ちなみに、規格、応募資格、作品受付日等は以下のとおりとなっています。


応募資格: 兵庫県に在住、在勤、在学する16才以上の方。
応募の制限: (1)1人1点まで(2部門にわたる出品はできません)。
(2)未発表の作品で(加筆、改作は認めません)、個人制作のものに限ります。
出品料: 無料
作品受付: 2007年7月28日(土)、7月29日(日)の両日 いずれも10:00〜17:00
兵庫県立美術館王子分館「原田の森ギャラリー」南側駐車場西寄り(旧・県立近代美術館)にて
賞: 一席:大賞・知事賞 副賞20万円 各部門1名
二席:兵庫県立美術館賞 副賞10万円 各部門1名
三席:神戸新聞社賞 副賞5万円 各部門1名
四席:(財)兵庫県芸術文化協会賞 副賞記念品 各部門1名
特別賞:県民賞 副賞5万円 1名
佳作:若干名

規格: 日本画:画面の大きさは163cm×163cm以内。作品保護のため、できるだけ外枠をつけてください。 
洋画:画面の大きさは163cm×163cm以内。油彩、アクリル、水彩、グワッシュ、パステル、版画などを含みます。作品保護のため、できるだけ外枠をつけてください。
彫刻:高さ200cm以内。人力で安全に移動可能なもの。破損しやすいものは受け付けません。必ず正面を明記したレイアウト図をつけてください。
工芸:種別を問いません。手芸に準ずるもの、魚拓、珍木、盆石は除きます。特に大きなものはご遠慮ください。必ず正面を明記したレイアウト図をつけてください。
書:縦形242cm×61cm、横形79cm×182cm、方形152cm×152cm以内。必ず枠張りか額装であること。屏風、軸装は除きます。
写真:130cm×130cm以内の木製パネル、オーバーマット又は額装。組作品の場合は、全体の寸法が洋画の規格(画面163cm×163cm以内)以内。組作品には必ずレイアウト図をつけてください。デジタル撮影による作品も受け付けています。
デザイン:ポスター、イラストレーション、パッケージデザイン、コンピューターグラフィック、建築デザイン、インテリアデザインなど種別を問いません。平面作品は洋画の規格に、立体作品は工芸の規格に準じます。

※注意事項
額装には陳列用金具類(ヒートン、針金、吊り紐)をつけないでください。
日本画、洋画、書、写真などの額にはガラスを使用しないでください。(アクリル額は可)。
異臭を放つもの、騒音を発するもの、電力以外の動力を必要とするもの、引火性の強いもの、腐敗しやすいものは受け付けません。
入選作品の展示は主催者が行いますが、設置に特殊な技術等を必要な場合は、出品者の立ち会いを求めることがあります。

審査員: 日本画:上田勝也(画家/日展評議員) 、廣田孝(京都女子大学准教授)
洋画: 島田康寛(立命館大学教授)、松原政祐(画家/行動美術協会会員)
彫刻: 植松奎二(彫刻家)、吉村良夫(美術評論家)
工芸: 柳楽剛(染織家)、松原龍一(京都国立近代美術館主任研究員)
書: 明石聴濤(書家/兵庫県書作家協会参事)、田中徹夫(書家/兵庫県書作家協会副理事)
写真: 金澤徹(写真家/成安造形大学准教授)、西野政勝(写真家/国画会写真部会員)
デザイン: 大田尚作(神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科教授)、三木健(グラフィック・デザイナー)
<各部門50音順・敬称略>

おことわり:
(1)規定に沿わない作品は受け付けません。
(2)入選後、規定に沿わないことが判明した場合は、入選を取り消します。
(3)受け付けた作品は万全の注意をもって取り扱いますが、不可抗力による作品の損傷については責任を負いかねますのでご了承ください。
(4)入選作品については、県関係の広報資料として新聞、ラジオ、テレビ、広報紙等で使用することがあります。
(5)ご提供いただいた個人情報は県展実施に必要な事項のみに使用し、県展以外の目的には使用いたしません。

「2007県展」に関する問い合わせ先
兵庫県立美術館 県展係
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1−1−1
TEL:078-262-0908
休館日(毎週月曜日)のお問い合わせはご遠慮ください。
また、お問い合わせは、10:00〜17:00の間にお願いいたします。

神戸新聞社 企画事業部
〒650−8571 神戸市中央区東川崎町1−5−7
TEL:078-362-7052
なお、土・日曜日のお問い合わせはご遠慮ください。

最新情報のトップ

 ホーム
展覧会のスケジュール

お問い合せ