兵庫県立美術館


「兵庫県立美術館」は平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災からの「文化復興」のシンボルとして、HAT神戸(震災後、21世紀の都市文明を先導する都市空間として整備された神戸東部新都心の愛称)に平成14年4月に誕生しました。

 美術を中心とする芸術活動の積極的な展開を通じて、21世紀の都市生活の共通課題である「人間のこころの豊かさ」の回復・復興、とくに未来を担うこどもたちの感性の涵養やこころの元気アップを図るため、6つの基本構想に沿った美術館を目指します。


1.「文化の復興」と新しいまちづくりの核となる美術館
2.県立近代美術館を発展的に継承した美術館
3.多様な芸術活動に対応した美術館
4.新しい美術を創造する未来志向の美術館
5.県民に開かれた参加・体験する美術館
6.国際交流の拠点となる美術館

芸術を通じて 「人間のこころの豊かさ」 を取り戻そう。
それが震災からの文化復興のシンボルである「兵庫県立美術館」の使命です。

 総合案内

 ホーム
お問い合せ