Event Information
見るだけでなく、もっと別の何かを…。
広い美術館の空間、ここでの豊かな時間が、作品鑑賞、展覧会鑑賞だけで過ぎていくのがものたりないあなた。講演会や解説会、ワークショップに参加して、作品や展覧会への理解をさらに深めてみる、つくってみる、かんがえてみる。あるいは、たまたまみつけたコンサート。久しぶりのライブ演奏もいいものです。美術館では、こうしたさまざまなプログラムを用意して、みなさんの参加をお待ちしています。

2 0 0 8 年 1 2 月のイベント

  コレクション展開催中の金・土・日曜日
13:00〜 (約45分)
コレクション展III
【ミュージアム・ボランティアによるガイドツアー】
当館ミュージアム・ボランティアがコレクション展の見どころをご案内します。
1階常設展示室、2階常設展示室、屋外のいずれかで実施
(1、2階は要観覧券、屋外の場合のみ不要)
集合場所:エントランスホール / 無料

 ブラジル×日本 旅が結ぶアート展
開催中の日曜日
11:00〜11:15
ブラジル×日本
旅が結ぶアート関連イベント
【ブラジル×日本 旅が結ぶアート関連イベント】
ミュージアム・ボランティアによる解説会
展覧会の内容をスライドを使ってわかりやすく解説します。
レクチャールーム / 無料

 12月4日(木)・5日(金)・6日(土)
16:00〜
ブラジル×日本
旅が結ぶアート関連イベント
【ブラジル×日本 旅が結ぶアート関連イベント】
DVD上映・「黒いオルフェ」
ギリシャ神話とボサノヴァの奇跡の融合。仏伊伯の合作。(上映時間103分)
レクチャールーム / 無料

 12月6日(土) 15:00〜 (約30分)
コレクション展III
【コレクション展III 関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
今回のテーマ「親子で楽しむアート −現代美術の世界へようこそ!」の内容をご案内します。
現代美術を楽しんでいただくための手がかりとして本展では4つのヒントを提案します。
展示室1から4まで、それらのヒントを順にたどりながら作品の魅力をご案内します。
集合場所:エントランスホール / 要観覧券

 12月6日(土)14:00〜
 
【美術館の調べ】
  城 沙織ピアノリサイタル
曲目:バッハ「パルティータ第6番」、
ショパン「幻想曲」ほか
演奏者からのひと言:バロックダンスの優雅な曲想のパルティータと、ショパンの奥深い叙情的な音楽をたっぷりとお楽しみいただけたらと思います。(神戸女学院大卒。現在、同大学院在学中。ハンナ・ギューリック・スエヒロ記念賞受賞。声楽、合唱などの伴奏者としても活躍)
エントランスホール / 無料

 〜12月7日(日)10:00〜18:00
(最終日は15:00まで)
架空通信懇談会
架空通信 百花繚乱展2008
現代美術作家127名の展覧会。
絵画・彫刻・写真・ライトアート・インスタレーション
主催:架空通信懇談会
TEL:06-6465-1243(架空通信懇談会事務局)
ギャラリーほか/ 無料

 12月6日(土)15:00〜16:30
架空通信懇談会
「百花繚乱展」ギャラリートーク
「創作の作法‐個人と集団」
コーディネーター:管谷 富夫(大阪市立近代美術館建設準備室主任学芸員)
パネラー:善住芳枝(画家)、杉本裕子(画家)、林 康夫(陶芸家)、横溝秀実(画家)、吉田慶喜(画家)
アトリエ1/ 無料

 12月12日(金)・13日(土)
両日とも1回目10:30〜/2回目13:00〜/3回目15:30〜の3回
【KENーVi名画サロン】
「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」
1956年、ソ連の支配に抵抗して民衆が決起したハンガリー動乱を背景に、革命に参加した若い恋人たちの運命を描く歴史大作。オリンピック史に残る実在の水球チームのエピソードを織り込みながら、自由を奪われた人々の悲劇を伝える。(ハンガリー映画 120分)
監督:クリスティナ・ゴダ 出演:イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボーほか
一般1,300円(前売り1,000円)、60歳以上・障害者・大学生1,000円、NPO神戸100年映画祭賛助会員・芸術の館友の会会員900円
ミュージアムホール

 12月13日(土) 15:00〜16:00
 
【学芸員によるレクチャー】
1960−70年代美術を語る
連続レクチャーの1回目「60年代美術」。
(2回目は「70年代美術」を2月7日に開催)
1960年代から70年代は、経済の発展とともに社会、文化全体が大きく変化を遂げた時代でした。
美術においても国際的な動向に対応した新たな局面があらわれ、既成の美術概念が大きく揺らいだ時期でした。
レクチャーでは今日の美術にも大きな影響を与えているこの時代の美術について60年代、70年代の2回にわたりお話します。
レクチャールーム / 聴講無料

 12月14日(日)14:00〜15:30
 
【世界の音楽】
音と映像によるコンサート 〜非音楽 内外 過現未 存在〜
<1部>〜kokoro words〜人の声のみを音素材とした空間音楽コンサート
<2部>〜minimal in the clack〜電子音と映像によるオーディオ・ビジュアルコンサート
製作・出演:金崎亮太(大阪芸大卒。人の声を言葉ではなく音としてとらえ素材とした実験的な音楽や、電子音楽、映像を使った活動を行っている。コンサート以外にもイベント企画、ファッションショー、映像ディレクション等にも携わっている)
アトリエ / 無料
※ご来場の方に抽選で、クリスマスプレゼントを差し上げます。

 12月20日(土)13:30〜15:30
12月21日(日)10:30〜12:30
キッズ
【こどものイベント】
「親子で美術館探検 リターンズ」
「親子で楽しむアート−現代美術の世界へようこそ!」展を見ながら、美術の世界を探検してみよう!
※両日とも内容は同じです。
対象:兵庫県内の小・中学生とその保護者
各日定員 こども+保護者30名 申込制 要参加費
受付開始日:12月6日(土)

 12月20日(土)14:00〜
 
【美術館の調べ】
間瀬尚美マリンバリサイタル
曲目:クライスラー「美しきロスマリン」、ショパン「子犬のワルツ」ほか
出演:間瀬尚美(マリンバ)、間瀬宏美(ピアノ伴奏)
演奏者からのひと言:さまざまな曲を通じて、マリンバの温かい音色を感じていただけたらと思います。クリスマスソングもお楽しみに。(同志社女子大特別専修課程修了。第9回松方ホール音楽賞選考委員奨励賞など受賞)
エントランスホール / 無料
※ご来場の方に抽選で、クリスマスプレゼントを差し上げます。

  12月20日(土)・21日(日)
10:30〜17:30
くわしく
【舞台芸術・レクチャー】
 「タンツ ダンス1」
ダンスのビデオ上映とトーク。
関西を拠点に活躍している現代ダンス(コンテンポラリーダンス)のダンサー、ダンスグループの作品を2日間にわたってピックアップ上映します。上映に併せ、各作品の出演ダンサー、評論家らによるお話も。
コーディネーター:上念省三
トーク:(20日)塚本順子、ヤザキタケシ、サイトウマコト、島田徹ら
トーク:(21日)樋口ヒロユキ、関典子、隈地茉歩、小寺麻子ら
ミュージアムホール / 無料

 12月21日(日)14:00〜
 
【美術館の調べ】
「ウインター ワンダー ハーモニー」〜音楽のクリスマスプレゼント〜
曲目:「荒野のはてに」、「サンタが町にやってくる」ほか
出演:繁田千都子(ソプラノ)、星宮不ニ子(同)、山田絵美(同)、川合亜美(ピアノ)、大塚裕紀子(フルート)、吉矢千鶴(ヴァイオリン)
演奏者からのひと言:ソプラノ3人に加えてピアノ、フルート、ヴァイオリンという6人の女性が織りなす華麗なハーモニーを存分にお楽しみください。
アトリエ / 無料
※ご来場の方に抽選で、クリスマスプレゼントを差し上げます。


 11月
2 0 0 8 年 1 2 月のイベント
1月
 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 講演会・レクチャー                                                    
 ガイドツアー                                                     
 美術鑑賞講座                                                              
 美術講座  
     
     
                       
 コンサート                                                          
 映画会                                                    
 演劇・舞踊                                                            
 こどものイベント                                                            
橙色は、事前に申込みが必要です。各お申し込み方法をご覧ください
青色は、申込みの必要がありません
 デッサン講座  洋画講座  日本画講座  水彩画講座  木版画  エッチング講座 鑑賞講座

11月

 ホーム
1月

キッズ

お問い合せ