2004年度美術講座(鑑賞)受講生募集
募集は終了しました

兵庫県立美術館では、県内在住、在学、在勤の18歳以上の方を対象に、
2004年11月から12月にかけて下記のとおり美術鑑賞講座を開講し、受講者を募集します。

日本画を愉しむ
第1回
日程: 11月19日 (金)
講師: 木村 重圭 氏 (甲南女子大学教授)
内容: 「村上 華岳」 
病と向き合いながら祈りの境地にも似た作品を生み出した孤高の画家。

第2回
日程: 11月26日 (金)
講師: 高梨 純次 氏 (滋賀県立近代美術館学芸課長)
内容: 「小倉遊亀」
明るい色彩と力強いフォルムで独自の表現を確立した女流画家。

第3回
日程: 12月3日 (土)
講師: 島田 康寛 氏 (京都国立近代美術館学芸課長)
内容: 「橋本関雪」
四条派の写実を基礎に独自の画境を開拓、詩や短歌にも長じた才人。

第4回
日程: 12月17日 (土)
講師: 平野 重光 氏 (倉敷芸術科学大学教授)
内容: 「竹内栖鳳」
西洋画法に学び日本画の革新に取り組んだ、戦前期京都画壇の重鎮。

第5回
日程: 12月24日 (土)
講師: 飯尾 由貴子 (兵庫県立美術館学芸員)
内容: 「水越松南」
朗らかな画風で親しまれ、海外にも影響を与えた神戸ゆかりの南画家。
関西ゆかりの近代日本画の巨匠の画業を、各作家の研究者が講師となり、分かりやすく解説、その見どころにせまります。金曜日の夕方から夜にかけての講座で、平日はお仕事のある方や、週末ちょっとゆっくりした時間を愉しみたい方にうってつけの企画になっています。

全5回
定員:100名
受講料:6,000円
受講対象者:原則として県内に
在住・在学・在勤の18歳以上の方
往復はがきに、氏名、郵便番号、住所、電話番号、年齢、「鑑賞講座受講希望」とご記入の上、申し込んでください。
締め切り:2004年11月9日(火)必着
お問い合せ:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
兵庫県立美術館 教育支援・事業グループ電話
078-262-0908(直通)

イベント
ホーム